毛深かった日々にさようなら

物心ついた時から毛深かった私。
顔立ちも南方系で、髪の毛も多く剛毛、当然体毛もかなりのものでした。
母はそんな私を気にして、小学生の時から脱毛ワックスや脱色などをしてくれましたが、当の私はそのツンとする臭いや、はがす時の痛さなどでなんでこんなことを3か月に1回くらいの割合でしなきゃならないのだろうと思っていました。

しかし思春期が来て、大人になっていくにつれ、どうやら体毛というのは恥かしいもの、邪魔なものなのだと徐々にわかってきました。
しかも私は普通の人よりかなり濃いレベルだということに気づきました。
それからは自己流の処理をはじめ、脱毛器やカミソリを夏の間は必死に使い、冬は何もせず生やしっぱなしという生活が続きました。

しかし剛毛なくせに、色白で肌が弱い私は、カミソリ負けや目立つ毛穴、なんといっても剃った後に生えてくる髭のようなジョリジョリ感にさすがに女としてどうかなと思い始めました。
結婚して子供も産まれ、もう毛のことなど気にせず堂々と生きていける年代になってきましたが、やはりいつまでたっても女は女。
ついにへそくりで、フラッシュ脱毛専門店に通うことにしました。

今までの自己処理でボロボロになっていた肌でしたが、1年も通うと嘘のようにきれいになり、あんなに頑固だった毛も今では産毛のようになりました。
最初はワキだけのつもりでしたが、そのうち腕、脚、背中、うなじとツルツル願望が湧いてきて、現在上半身の前とお尻、ビキニラインだけが未処理のままです。
それはある意味ちょっと恥ずかしい気もするのですが。

主人に内緒で通っていたけれど、万事適当な主人なだけに、「なんかすっごく肌が気持ちいいけど、確か前はジョリジョリだったような?きれいに剃ってるの?」なんて聞いてきますが、私は「垢すりを定期的にしている」と答え、主人はそれを信じているようです。
脱毛って、こんなにも肌がツルツルになり、こんなにも時間を節約できることができるなんてもっと若いうちに知りたかったです。
しかし、昔は痛かったり、お金もかなり高額だったので、やはり今だからできたのだと思います。

私譲りの剛毛な娘のために、もう少し大人になったら脱毛サロンに通えるよう、頑張って積立しなきゃと思う毎日です。

脱毛の痛み

女性の美容に関する悩みの中で多いのは「無駄毛」ではないでしょうか?
自己処理してしまうと手間も掛かるし、肌トラブルの原因にもなってしまうんですよね><

そこでおススメなのがキャンペーンなどを利用するとお得に無駄毛処理が出来る脱毛サロンなのですが・・・
脱毛と聞くとどうしても「痛み」があるイメージがありませんか?

脱毛サロンに通いたいけど痛いのは絶対に嫌!
という女性も多いと思います。

口コミや実際に体験された方のレビューを調べてみると痛みがあるものから無いものまで様々なようです。
施術を行うスタッフのスキルによっても痛みは違うと口コミされてる方もいました^^;

実際、脱毛の痛みはどうなのか?簡単にまとめてみたので参考にしてみて下さい。

脱毛方法には数種類ありよく耳にするのは
●レーザー脱毛
●美容電気脱毛(ニードル)
●光脱毛(フラッシュ)

この3種類。

この3つの中で最も痛みが少ないと言われているのが脱毛サロンで行われている「光脱毛」なんだそうです。
光脱毛は一回の施術の効果は少ないですが回数を重ね徐々に無駄毛を処理する方法なので痛みはほとんど感じられないという口コミが多いんです♪

毛の太さや痛みへの耐性など痛みを感じるのは個人差があると思うので、脱毛サロンだと安心!とは言えないので自分に合ったサロンを探すといいのではないでしょ

大宮中央クリニック

施術の後のオイルマッサージやフェイシャルケアなどで全身のトータルケアが期待できますし、脱毛だけでなく十分なスキンケアが整っているのも昨今の特長になっています。東京の銀座カラーではコラーゲンなど6種類の美容成分をマシンでスプレーします。しっかりと潤って肌荒れしない瑞々しい肌へと導いてくれます。他より安いからということでエステサロンを選ぶと、スキルが劣っていたり増額料金を催促してくることだってあります、雑誌やネットの口コミを参考にしながら選び出すことができます。脱毛が初めての人はやり始めるときに異常が発生しないか見ます。肌にトラブルが発生したときは問題を治してから脱毛処理をするようです。
わずかな痛みの脱毛法というとやっぱり光脱毛が一番です。この方法はエステティックサロンでなされている除毛の方法で、輪ゴムが当たったくらいの痛みなんだそうです。

大宮中央クリニックでは、高い品質のスペシャルテクニックで脱毛といっしょにスキンケアの心配事も解決してモデルのような肌を目標にします。ワキ毛には毛周期と呼んでいる毛が生成するサイクルがあり、毛周期にならって脱毛することで着実にわき毛をなくせます。
ハイジニーナは処理が困難なので、自己処理すると菌が侵入して、トラブルになってしまいます。ミュゼなどのサロンでは難しいパーツの脱毛もしっかりと行えます。ニードル脱毛の痛さを感じる箇所は毛の状態が硬く濃い部位です。ワキやデリケートゾーンは痛みを感じている方が多いようです。しかし毛がなくなると痛みもなくなります。体の状態や皮膚の状態、日に焼けていたり妊婦の方はムダ毛処理が難しい場合もあるので、先に脱毛サロンに連絡すると良いでしょう。

脱毛サロンの脱毛の大きな取り柄は手間がかかる自分で毛を処理することから解き放たれることことです。電気シェーバーや安全カミソリによる対策は、肌の不具合のきっかけになるかもしれません。他より安いからということでエステを選ぶと、施術レベルがいい加減だったり割増料金を請求されることがあるので、ネットでの評判を参考にしながらピックアップします。脱毛は大まかに二つに分けることができます。医療レーザー脱毛でさらに電気脱毛です。両方ともしっかりと毛を減らすことができます。VIOは処理が困難なので、間違った処理で雑菌に侵入されてしまい、肌トラブルが発生します。ミュゼなどのサロンでは処理しにくい箇所でもしっかりと施術をすることができます。
Oラインのサロンでの脱毛は直後は恥ずかしく思ってしまいますが、施術担当者はプロフェッショナルとして手慣れているので、心配したりする必要なしです。